Calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Search this site.
Archives
Recent Comment
Others
Admin

勉強不足

うちの事務所で不動産登記といえば7~8割が相続案件。そのため年がら年中戸籍をみている。
昔は手書きだったため、達筆すぎて読めないことも多く、苦労する。特に名前や数字には悩まされる。
でも、昔の戸籍って面白い。
さっき役所から届いたばかりの戸籍をみたところ「元治」「文化」「天保」「嘉永」「慶応」「明治」「大正」と7つの元号が出てきている。
「元治」なんてあったかしら?気になって調べてみると1864年から1865年までの期間で「慶応」の前。
ということは江戸も終わりかけの頃かぁ。学校で習ったことあったのかな?初めて聞いたと思うくらい記憶にない。
私は世界史選択だったし…という言い訳は通用しないだろう。江戸末期なんて割と最近だし。
そんなことを考えながら仕事をするのはなかなか楽しい。
とはいえ、長らく放置した相続は集める戸籍の量も相当数になるし、200年前の人の古い戸籍を読まないといけなくなったりするので、できるだけ速やかに登記することをおすすめします。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

放置されたままに・・・

不動産の登記は義務ではない。そのため、特に深く考えず、登記をしないでほったらかしているケースは非常に多い。それも田舎では顕著である。
地主さんでも自分の敷地内の建物なら所有権保存の登記をしていなかったりする。
もちろんそれでも当面問題はないが、いざお金が必要になって抵当権をつけようと思ったり、売却しようと思った時には困ったことになる。自分は困らなくても残された家族が大変になるかもしれないことを考えたら、登記は適宜しておくべきである。
先月も私が後見人に就任した方の不動産を調べてみたところ、とっくに完済していると考えられる抵当権が2つも残ったままになっていた。
銀行に確認したところ、ローンは完済しているが、抵当権抹消書類は返却されておらず、まだ銀行にあるという。
ローンが終わって、銀行から書類を返してもらったのに何もしないでいるというのはよくある話だが、銀行が書類をもったままというのは珍しいと思う。
何せ昭和57年に完済しているのだから、実に35年も誰も何もせずにいたというのだから驚きだ。そのため、簡単なはずの抵当権抹消がややこしいことになってしまった。
不動産を所有することになった以上は適切に管理する一環として登記もきちんとしておいたほうがいいでしょう。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

気付けば9月

私にとって子どもの夏休みは調子が狂う期間。
保育園に通っているときは夏休みの悩みなどなかったが、小学生になると1か月半もの夏休みをどうやって過ごさせるかが問題になる。学童に通っていれば心配ないが、うちの子たちは学童はおろか、プールにすら行かず、遅くまで寝ているので困ったものだ。
いつも学校や習い事で忙しいので、夏休みの間だけはダラダラさせてあげてもいいと思うものの、一日中クーラーかけっぱなしで、ひたすらテレビやビデオをみたり、冷蔵庫に入っているものを食べ漁ったり消費電力が上がるだけの生活を続けられるとイライラする。できるだけ家にいさせない方策を考えるのだが、子どもが乗り気じゃなさすぎると、無理強いするのも気の毒だ。
今年はスケジュールが合わず、夏期講習にも申し込まなかったので、本当に時間の過ごし方には気を揉んだ。長女は2泊3日の合宿とお友達の家に1泊した以外はずっと大きなイベントはなかったが、毎日のようにどこかへ遊びに行って夏休み最終日になっても宿題が終わらない惨事となったが、それなりに充実した日々だったようだ。二女には丸2週間サマーキャンプに参加してもらった。
8月後半はやけに忙しくて残業が続き、夏休みなのにほとんどほったらかしになってしまったが、二人とも私に頼らず勝手にやってくれるようになってきているので助かる部分もある。
夏休みであることのストレスが関係しているかは不明だが、8月は謎の湿疹&蕁麻疹に悩まされ、かなり辛かったのが、やっとここ数日で落ち着いてきた。
来週からは2か月ぶりにお弁当作りの日々が始まり、早起きになるけど、毎日規則正しいほうが身体の調子はいいし、心穏やかでいられる。9月以降はできるだけ残業をしないで、早寝早起き&2日おきのランニングを実現したい。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

デキ女のあのコ

成年後見人等に関する届出や相続手続きなどで金融機関に行くことが多いが、窓口の担当者によって、かなり知識にばらつきがある。
何度も奥へ確認に行き、何時間もかけて手続きしたにもかかわらず、後日訂正まで必要になる人もいれば、サッと書類を用意してくれて、書き方もスラスラ説明できる優秀な人もいる。
某メガバンクに美人で仕事のできる行員がいて、私は彼女をすごく頼りにしていた。転任しちゃわないか心配で、銀行へ行くたびに彼女がいるかチェックしていたりしたのだが、今日久しぶりに窓口へ行ったら、向こうからご挨拶にお越しくださった。
みると大きなおなかじゃないか!
なんと今日いっぱいで産休・育休に入るとのこと。
しばらくお会いできなくなる前に窓口に行くなんてナイスタイミングだぁ‼今日行かなくてもいい用事だったのに今日行くことにしたことにご縁を感じる。
彼女が独身の時から知っているから妹が成長していくのを見守る姉のような気分に…幸せそうで何より(^-^*)
また仕事に復帰するつもりでいるようだし、それまで私も事務所が潰れないように頑張ろう♪
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

私のオシゴト

一般的な不動産売買の際には司法書士が決済に立ち会うが、オトナの事情により、売買の登記とローン設定の登記で別々の司法書士が担当することがある。
今日もまさにそのパターン。
しかも売主が成年被後見人だったため、成年後見人である司法書士が出席。買主も司法書士だったら面白かったけど、さすがにそこまで役者は揃わなかったw
それでも場の過半数以上が司法書士というパターンは珍しいかと...
弁護士人口3.8万人に比べると司法書士業界はすごく狭く感じるけど、それでも2.2万人はいるから、ほとんど知らない人ばかり。
研修で300人集まったって知っている人が一人もいないことだってある。
こんなにたくさんいる司法書士の中から私を選んでご依頼くださる方に支えられて今の私がいるのだ。本当に感謝。
これからも皆さんのお役に立てるよう研鑽を重ねよう!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67

このページの先頭へ